Qラクマ権利者保護プログラムとは(権利者保護プログラム)

ラクマ権利者保護プログラムは、2つの個別プログラムからなっています。
いずれも、権利者(あるいは代理人や所定の団体)に利用登録や申立手続きを行っていただく必要があります。

登録型プログラム

基本的には申告型プログラム利用を前提に、申告型プログラムを利用した削除請求・発信者情報開示請求の手続をより簡易にご案内することを目的としたものです。
協定申込書のご提出後に審査がありますが、審査を通過してプログラムへの登録が認められるとラクマ権利者IDが発行されます。
申告型プログラムを通じたお申立の際に、当該IDをご利用いただくことで、本人確認書類の提出が不要となります。

登録型プログラムをご利用いただける対象者は、法人事業者様・信頼性確認団体様のみとなります。

申告型プログラム

ラクマ上にて、(自己の保有する又は自己が権利行使の権限を有する)権利を侵害するコンテンツを発見した場合に、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)に基づき、所定の申立ウェブフォームを通じて、対象コンテンツの削除請求または発信者情報開示請求のお申立をいただくものです。

ご利用いただける対象者は、個人・法人を問わず知的財産権等当社が定める権利の権利者様、代理人、信頼性確認団体となります。

各プログラムのご登録・ご利用の流れについては、権利者保護プログラムをご確認ください。

弁護士会照会・警察照会等については、ラクマ権利者保護プログラムからはお受けしておりません。
また、楽天市場など、楽天グループが提供する他サービスに対するお申立もラクマ権利者保護プログラムからはお受けしておりません。

この質問は役に立ちましたか? 役に立たなかった 役に立った 9人中4人がこの質問は役に立ったと言っています。

解決しなかった場合

ラクマ権利者保護プログラムについてのその他の質問

ラクマ公式ガイドTOPへ